2018年ハローアルソンフィリピン医療ボランティア募集



せきぐち歯科医院は「一生自分の歯で」を治療理念に掲げ、「できるだけ歯を抜かない治療」を目指しています。

せきぐち歯科
せきぐち歯科

ボランティア報告

ハローアルソン・フィリピン医療ボランティア活動報告

ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアの活動理念「四本の柱」

現地での歯科医療を中心とした無償の奉仕活動
歯ブラシ・タオル・固形石鹸などの、物資の支援活動
世界の貧困問題を通じ、自らの生活を見直し「真の豊かさ」について考える
次世代を担う高校生の参加により、真の国際平和と国際貢献について考えてもらう

もったいない市

今年で10回目となった地域活性化イベント、もったいない市が先日開催されました。
私達のボランティア活動に賛同し、協力してくださっている黒磯小学校の六年生たちが自分達で作ったコースターやシュシュなどを販売し、昨年はなかった輪投げゲームを考えたりと工夫を凝らして頑張っていました。大きな声で募金の呼びかけをしている姿や丁寧にお客さんと接している姿を見ていたら、「フィリピンの人達の為に少しでも役に立ちたい」という熱い想いが伝わりました。
皆様が一生懸命集めてくださった物資は全てフィリピンの人達の元へ届きます。本当にありがとうございます。
そして募金や売り上げにご協力してくださった方々、ありがとうございました。 これからも温かいご協力、よろしくお願いいたします。

高校生担当会議

8月27日、来年のハローアルソン・フィリピン医療ボランティアに参加する高校生達が行う現地活動の細かな内容や、安全に活動が進むように先生方や担当者が会議をしました。
今回の参加希望高校生は、過去最多の50人となりました。
高校生達の病気の既往歴がないか、食べ物や金属等のアレルギーがないかなどの把握も行ないました。
次回は一般参加者全員が集い、顔合わせをしたり現地活動の注意点を話し合う会議を11月26日に予定しています。 今年度はどのような方々が集まり、一緒に活動するのかとても楽しみです。

第16回 ハローアルソン・フィリピン医療ボランティア アクティビティー発表の集い

3月25日(土)、26日(日)、長野県北佐久郡御代田町「エコール御代田」坂城町「坂城テクノセンター」にて「第16回 ハローアルソン・フィリピン医療ボランティア アクティビティー発表の集い」が開催されました。
2月に行われたフィリピン現地での活動終了後、日ごろこの活動を支えてくださる皆様に感謝の気持ちを込め、現地の状況や活動の様子をご報告させていただきます。
現地活動報告として、副団長を務める木本先生が発表いたしました。
昨年フィリピンの大統領が変わり、劇的に変化を遂げた国内。麻薬犯罪撲滅のため、様々な政策の効果で治安が良くなった一方、ゴミを拾ってなんとか生きていた「スカベンジャー」や、一晩中街に立ち、物乞いをしていた「ストリートチルドレン」たちの姿をほとんど見る事はありませんでした。
街の浄化として彼らの徹底的な排除を実施していたのです。
しかし、私達が訪れたスラムでは、目の前には高層ビルや高層マンションが立ち並ぶ景色が見える一方その恩恵にあやかる事のできない貧困層の人々の生活は何一つ変わっていませんでした。
今回参加した高校生は過去最多の45名です。今年は更に、中学生5名の参加もあり、いつも以上に事故や怪我に気を付けて活動に当たりました。
今回の活動で参加者から多く聞こえた言葉は現地の人たちの笑顔が感動的だったという事。しかし、「なぜスラムの人たちはあんなに笑っていられるのか。」とスラムの現状を目の当たりにした者は悲しい現実に胸を痛めました。私たちは恵まれた環境で生きています。何不自由なく教育を受け、毎日ご飯が食べられる、物に溢れている世界にいます。この様な国は世界にたった10%しかありません。
自分にできることは何か・・・。高校生たちはそれぞれ何を感じたでしょう。
発表の中にはもっと沢山の物資を集めればよかった。そうすれば少しでも多くの物資を届けられたはずと悔しさを口にする者。毎日の生活を振り返り、自分の甘さに気づいた者。また、もっと勉強して今度は歯科医師になってこのボランティアに参加したいと約束してくれた者もいました。
高校生たちは帰国後、自分たちがいかに恵まれた環境で育てられているかということに気づき、親に感謝の気持ちを伝えたことでしょう。活動を通じて将来の事、自分は何ができるのかを考えて前に進んでほしいです。
この活動は全て支援物資や募金のご協力をして下さる皆様の善意で成り立っています。毎日のように集まる歯ブラシやタオル、石鹸をフィリピンの人達に配布できるのも、皆様の温かいご協力のお陰です。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも素直な気持ちで活動に取り組み、誠心誠意頑張っていきたいと思っております。
どうか今後とも末永いご支援、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ハローアルソン・フィリピン医療ボランティア2017年活動報告

2月8日から11日までの4日間、フィリピン・マニラにてボランティア活動を行いました。
今年も素晴らしい活動が出来ました。 皆さんから頂いた物資は沢山の人たちに渡すことができました。 これからも温かいご協力、宜しくお願い致します。
活動報告はこちらから

ハローアルソン・フィリピン医療ボランティア2017年日程

1日目:2月8日 フィリピン・マニラ市
Brgy,TanboParanaque Basketballcourtにて物資支援活動
2日目:2月9日 フィリピン・マニラ市
UPcampus puck libisにて医療奉仕活動・歯科医療奉仕活動
3日目:2月10日 フィリピン・マニラ市
Brgy Zone89 paco area Basketbollcortにて医療奉仕活動・歯科医療活動
4日目:2月11日 フィリピン・カビテ市
サマラマルケスバスケットコートにて物資支援活動
を行います。
今年の参加人数は過去最多の113名です。
精一杯頑張ってきます。
皆さん応援よろしくお願い致します!!

ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアに係る支援物資回収及び募金活動

12月19日(月)20日(火)の夕方、ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアに参加する黒磯南高等学校の6人と新旧生徒会メンバーが協力し、ボランティアに係る物資回収のお知らせ・お願いのリーフレット配布と、募金活動をザ・ビック・エクストラ那須塩原店及び那須塩原駅で行いました。
これは高校生が「スラムに住む人々のために自分たちに出来ることは何か?」と考え、昨年から始まった活動です。寒く暗い中、元気に呼びかける声が広がっていました。
皆様の暖かいご支援、どうぞよろしくお願い致します。

次回の活動日程は下記に記した通りになります。
 ・1月11日(水)16:00~18:30
 ・1月12日(木)16:00~18:30
 場所:ザ・ビック・エクストラ那須塩原店、那須塩原駅
 活動内容:募金活動、物資回収(歯ブラシ、タオル、固形石鹸等)

各年の活動報告をPDFファイルで見ることができます

2017年ハローアルソン・フィリピン医療ボランティア 2017年2月8~11日 


2016年ハローアルソン・フィリピン医療ボランティア 2016年2月7~10日 


2014年ハローアルソン・フィリピン医療ボランティア 2014年2月7~10日 


2013年ハローアルソン・フィリピン医療ボランティア 2013年2月7~10日 


ハロアル旗

第7回ハローアルソン・フィリピン医療ボランティア 

第6回ハローアルソン・フィリピン医療ボランティア 

第5回ハローアルソン・フィリピン医療ボランティア 

第4回ハローアルソン・フィリピン医療ボランティア 

東日本大震災ボランティア

2013 0528東日本大震災活動報告 

2012 0522東日本大震災活動報告 

2011 0414東日本大震災現地報告 

2011 0321東日本大震災現地報告 

壁新聞
壁新聞

ハローアルソン・フィリピン医療ボランティアの活動報告として、毎年スタッフの手作り壁新聞を作成しています。
壁新聞はエントランスに掲示しています。当院にいらしたときは、ぜひご覧になってください。

※一部のスマートフォンからはご覧いただけません。

2016年壁新聞 第11回 

2015年壁新聞 第10回 

2014年壁新聞 第9回 

2013年壁新聞 第8回 

2012年壁新聞 第7回 

2011年壁新聞 第6回 

2010年壁新聞 第5回 

2009年壁新聞 第4回 

2005-8年壁新聞 第1-3回 

リンク

ハローアルソン・フィリピン医療を支える会

長野県 林歯科診療所

岡山県 きもと・まなべ歯科クリニック

千葉県 井橋歯科医院

新潟県 羽尾歯科医院 春日山

東京都 医療法人社団峰瑛会
             市ヶ谷番町歯科クリニック

愛知県 キララ歯科

兵庫県 菅原歯科クリニック

埼玉県 たきの歯科

今西祐介のハロアルレディオ
(レインボータウンFM 毎週金曜21:00~22:00放送)

洋画家 小原みき

ハローアルソン